プロフィール

アマリ

Author:アマリ
タイに住んでいます(^-^)/
妻、娘2人、シーズー犬♂
仕事も余暇も、PCとスマホが
手放せない毎日です(@_@)!
1987年~2002年
仕事で凡そ20か国・地域を旅行~
2003年からタイで暮らしてます。
音楽はロック(☆_^)/♪♪
よろしくお願いします(^人^)

検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

[QRコード] スマートフォンでもご覧頂けます📲
QR
フリーエリア

タイの祭日~仏誕節 (ウィサーカブーチャー)、お酒はご法度?

サワッディークラップ!

タイ歴2559年5月20日(金)

ここタイは、仏誕節ワン・ウィサーカブーチャー วันวิสาขบูชา
 
官公庁や多くの企業が祭日でお休みです。
週末の金曜日ということもあって、3連休になるところも
多いですね。

さて、この仏誕節(ワン・ウィサーカブーチャー)とは、
一体どんな日なのでしょうか?

※タイ語でワン~とは、日本語の「~日」の意です。

20160416_007_Tarad Nam Khwang Riam2

タイ旧暦6月、満月
西暦2016年は5月20日にあたります。
お釈迦さまの「誕生」「開悟」「入滅」が偶然に重なった、
敬虔なタイの上座部仏教徒にとっては正に奇跡、
仏教祭日の中でも特に大切な日の一つです。


ウィアンティアンเวียนเทียน
この日、在家の仏教徒の行事の一つにお寺参りがあります。
蓮の花、ロウソクとお線香を手に、火が消えてしまわないよう、
静かに裸足でお寺の本堂を3周。
「仏」「法」「僧」(=3周)に帰依し祈ります。

終わったら、蝋燭は灯篭へ、お線香は線香立てへ、
お花は花受けへ置きます。
お布施や仏像に金箔を貼る、僧侶の説法を聴くなどが
一連のお寺参りとなります。


タイ政府により定められた仏教祭日

大きなものは、

万仏節(ワン・マーカブーチヤー)วันมาฆบูชา 
 タイ旧暦3月の満月/ 2016年2月22日

仏誕節(ワン・ウィサーカブーチャー)วันวิสาขบูชา
 タイ旧暦6月の満月/ 2016年5月20日

三宝節(ワン・アサーハブーチャー) วันอาสาฬหบูชา
 タイ旧暦8月の満月 / 2016年7月19日


銀行は営業しますが、

入安居(ワン・カオパンサー)วันเข้าพรรษา
 タイ旧暦8月の十六夜 / 2016年7月20日


お休みにはなりませんが、

出安居(ワン・オークパンサー)วันออกพรรษา
 タイ旧暦11の満月 / 2016年10月16日


お酒の購入はダメ!

これら仏教にかかわる日は、公休祭日のいかんを問わず、
種類の「販売」が終日禁止となります。
酒屋でも、飲食店でも売ってもらえません。
どうしてもという人は、宿泊先や自宅のお部屋で。
違反販売者に対しては、6カ月以下の懲役、
もしくは1万バーツ以下の罰金となります。

タイには仏教祭日の他にも選挙の前日も同様に
禁止となります。

国王・王妃のお誕生日では、時の政権や情勢により
変化がありますが、国王・王妃自ら「お祝いの日なので」と
仰って依頼、ここ数年は規制がひかれない状況でもあります。

238290.jpg
どうしてもという人は、、、
宿泊先や自宅のお部屋で買い置きのものを。
また、ホテルの飲食サービス、外国人対象のリゾート地など
の一部では、公共の場であっても認められるケースもあります。



タイは年間を通して多くの時期が常夏
レジャーやリゾートと楽しいことが盛りだくさんの国で、
リピーターも後を絶ちません。

しかし、その楽しさを存分に味わうために、
タイにいる間、旅行の方も在住の方も、

 ・王室や仏教に対する敬意
 ・文化・習慣にたいする配慮
 ・国の法律を順守

よく外国にいって、その土地の日本との違いやら
欠点ばかりを愚痴る人を散見しますが、、
いけないと思いますよ~w

好むと好まざるとに関わらず、最後は自身の
決断があってこそ、その場にいるわけですからね。

文句を言ったら負けですよね~~

ではでは。

サワッディクラップ (^人^)♪♪


スポンサーサイト



僭越ながらブログランキング参加中です。

クリックご支援くださると励みになります~! m(_ _)m      

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ FC2Blog Ranking タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ タイ・ブログランキング

タイの乾季3月4月5月、学校は夏休み、そして新学期へ。 子供を持つ在住日本人の過ごし方、レジャー、タイ正月!

2016年(タイ歴2559年)、5月上旬、
連日の最高気温は40度に届くような毎日です。暑いです!!
4月から5月にかけてのこの時期、バンコクなどタイ中央部は「暑季」。
一年の中で最も暑い時期にあたります。


20150518_002_PM



■タイの学校~学期と長期休業■

そして、5月も中旬を過ぎると、タイの学校は長~い、長~い、
日本での夏休みにあたる、凡そ二か月間にも及ぶ休みが明けます。

今回、我が家の子供が通うバンコクの私立学校では、

(前学期・終業日)2016年 3月 4日 まで 
(新学期・始業日)2016年 5月16日 から

となりました。

そして、いよいよ新学期、新学年が始まります!
全国の学校、朝8時の朝礼では国歌斉唱が響き渡ります。


タイの学校年度は二学期制です。
教育省の学校制度により基準が定められております。


授業期間と休暇日程(例):

(前期) 5月16日~10月10日
(休み)10月11日~10月31日
(後期)11月 1日~ 3月15日
(年末)12月20日~ 1月 3日
(休み) 3月 6日~ 5月16日


実際の休業日程は、各学校や年度により多少の違いはあります。
例えば、我が家の子供と、お向かいさん宅のお子さんが通う学校とでは、
休みの日程、特に始まり日がいつも違ったりします。
いずれにせよ、土日や祝祭日以外のまとまったお休みは、
年間で凡そ3ヵ月++に程になりますね。


それでは、そんなに沢山あるお休みの時期、
子供たちは一体どう過ごしているのでしょうか?


■タイのお正月■

まず、大きなイベントがあります。
タイ歴のお正月、「ソンクラーン」です。
日本では「水かけ祭り」などと報道されていますから、
ご存じの方も多いのではないでしょうか。

日程は暦により毎年タイ政府から発表されます。
4月の中旬で、毎年凡そこのような日程になりますが、
地方により若干日程は数日差で違います。

2016年の首都バンコクは、4月の13日、14日、15日の3日間。
各企業や機関も休みに入り、民間では前後あわせて1週間
前後の休業になるところが多いです。

バンコク都心部ではでは、日本の飲食街やオフィスも建ち並ぶシーロム通り
バックパッカーのカオサン通りなどでは、水掛け合戦で人が溢れかえり、夜遅くまで
賑わいます。

その他、リゾート観光ビーチのあるパタヤ、北部ではタイ第二の都市・
チェンマイなども有名です。

この期間のタイ全土は、ちょっとした通りや路地にいたるまで人が出てきます。
路の両側から通り行く人や車、バイクなどへ向かって水が飛びかいます。

白い添加粉を水に溶かしたものを自動車に向かって掛けたりもするので、
無造作にバサッとペンキをかぶった様になります。

バイクなども待ち構えた集団に行く手を止められて、その白いのを顔に
塗られます。。

それらの攻撃を避けるには、基本外に出ないこと、最低でも窓が閉め
切られた車での移動という事になります。

「ソンテウ」と呼ばれる1tピックアップ車の荷台に乗客を乗せる乗り合いバス
「サムロー」と呼ばれる幌付き三輪車、通称「トゥクトゥク」
「バス」で、エアコンなしの窓が全開の車両

いずれも放水攻撃の対象になります (*o*;)

在住日本人の方の中には、事前に日数分の食糧を買い込み、
期間中は一切外出しない、、、
あるいは国外脱出、日本へ帰省されるなんていう方も
少なくないですね。

年間で交通事故が最も多いのもこの時期。
2016年のソンクラン期間中、タイ政府の発表では、
交通事故発生件数  3447件
         死者   442人

大変残念な事ですが、特に夜間は出歩かないことが
賢明でもあります。


一方、涅槃像で有名なお寺、「ワット・ポー」
こちらでは、タイ全国各地のソンクラーン作法の様式を
見ることができます。

本来、ソンクラーンでは、仏事にのっとたしきたりがあります。

 ・お寺参りをして僧侶へ食事などを捧げます。
 ・仏像などに水をかけ洗います。
 ・年配者や年長者を敬い、手のひらに水を注きます。
 ・ご先祖様の供養、お墓参りをします。

日本でいうところの、
お盆、お彼岸、初詣などにあたりますね。


TM


なお、暑いタイではありますが、お寺へ行く際には
行き過ぎた肌の露出はご法度
上は半袖でも良いと思いますが、タンクトップや竹の短いスカート、短パン
などは避けなければなりません。

女性は僧侶に触れてはならず、近づかないようご注意を。
たとえまだ小さな女児であっても、好ましくありませんので、
お連れの保護者の方はちゃんとみてあげてくださいね。

また観光でも有名な「ワット・プラケオ」をはじめとする格式高いお寺では、
履物も気を付けないといけません。
踵が覆われないサンダルやパンプスなどはNG
入場できないところもあります。

入口で靴やズボンを履き替えるえることになります。注意が必要です。


■バンコク郊外の観光レジャー■

暑~い暑~いタイの夏休みですが、行楽地は子供たちで賑わいます。


◎アウトドア◎

ドリーム・ワールド (ดรีมเวิลด์)

0187_20150801_20150601_291_Dream World2

タイ屈指の大型遊園地。ジェットコースター、ゴーカート、お化け屋敷、3D映画、
ロープウェイからプール、小さなお子さんが乗れるものまで、、
本当に沢山のアトラクションが楽しめます。
入場してすぐ目に飛び込んでくる花壇が綺麗で圧巻です。
[バンコク郊外パトゥンタニ県]
http://www.dreamworld.co.th/panoramic/

サファリ・ワールド (ซาฟารีเวิลด์)

0269_20151024_FB_01_20151022_004_Sawari World

車に乗って放し飼いの動物たちを見て回るSAFARI PARK
徒歩で動物園を見て回り、イルカやアザラシ、象などのショーも
楽しめるMARINE PARK
全部を存分に満喫するには一日では足りないかもしれません。
[バンコク都]
http://www.safariworld.com/


カオキアオ・オープン・ズー (สวนสัตว์เปิดเขาเขียว)

20150310_006_Khao Kheow Open Zoo

山に自然公園のかたちで作られた動物園。
園内全体に渡って傾斜と距離がかなりあります。
車で移動しながら周るか、園内のカートを利用します。
暑い日中、猛獣などは表に出てこないことも有りますが、
日没後の”ナイト”サファリであれば、活発な土動物たちの動きを
観察することができます。
[チョンブリ県]
http://kkopenzoo.com/newversion_index.php
※2016年5月現在、日本語サイトは工事中の様です。


シラチャ―・タイガー・ズー (สวนเสือศรีราชา)

20160409_011_Sriracha Tiger Zoo

おおよそ200頭のトをが園内の至る所で見ることができます。
タイガー・ショーをはじめ象やワニ、豚にオランウータンと色々な
動物たちののショーも見ものです。
トラの子を抱っこしての記念撮影やワニ、サソリを全身に付けた
女性なども。。
トラのお母さんが子豚にミルクをあげてるのが実に可愛いです(^.^)
筆者おすすめ!
http://www.tigerzoo.com/eng/
[チョンブリ県]


サムットプラカーン・クロコダイル・ファーム
(ฟาร์มจระเข้และสวนสัตว์สมุทรปราการ)


0079_20150503_20150308_001_Samutprakarn Crocodile Firm

ワニはもとより、象やお猿のショーもあります。
ちょっとさびれた感は否めませんが、バンコク隣接県と近場で
料金も比較的手ごろです。
[サムットプラカーン県]
http://www.worldcrocodile.com/


パタヤ・ビーチ (พัทยา)

20151102_014_Jomtien Beah

云わずと知れたタイ屈指のリゾート地です。
海岸続きでお隣のジョムティエン・ビーチ(จอมเทียน)は、
比較的混みあわないことが多く、筆者のおすすめ!です。
家族連れで日帰りの場合など、海岸沿いのホテルを一泊分
素泊まりの形でチェックインしても、1000バーツ(約3000円)程度です。
ビーチで子供たちと遊び、海老焼き(クン・パオ)を頬張り、
午後ホテルのプールで少し泳いでから、部屋でシャワー身支度。
我が家の定番コースです(⌒▽⌒)/
[チョンブリ県パタヤ市]



◎インドア◎

とにかく暑いタイ。紫外線や強い直射日光の心配などもあり、
屋内の施設は重宝します。
いくつか代表例をご紹介します。


イマジニア・プレイランド (อิเมจิเนีย)

20160430_020_Imaginia Emporium

エンポリアム・デパート3階にあるプレイ施設です。
長~いスペースイメージの滑り台や大きなネットの上を歩くアスレチック、
ITハイテックの投影機や画面でのお絵かきなどなど、初めて行った
子供たちにとっては、これまでにない不思議でワクワクする遊びに
大はしゃぎでした。
その他、英語による教室やお絵かきなども。3時間の時間制ですが
あっという間でした。
タイの子供たちのみならず、場所柄日本人や欧米ほか世界各国の
こどもたちで賑やかです。、
[バンコク都・スクムヴィット通り24]
http://www.imaginiaplayland.com/en


キッズーナ (Kidzoona)

20150815_017_MegaBangna.jpg

なまえは”絆”からきているんですね。
イオンが日本では埼玉、神奈川、札幌や福岡で展開している
こどもの遊び場。
ここタイでも、エカマイ・ゲートウェイをはじめ、
ショッピングモール各所で次々とオープンしております。
ボールプールに飛び込んだりやエアトラックで走ったり、
一瞬のスリルも味わえるスラーダーなどの運動系もあれば、
お寿司屋さんやケーキ屋さん、フルーツ・野菜ショップなどの
おままごと系やブロック、積み木など、遊び道具が充実してます。
[バンコク都内、近郊]
http://www.aeonfantasy.co.th/


fun✰arium

20160214_010_fun arium_Sukhumvit

アスレチック性の強い施設で、子供たちもくたくたになるまで
思いっきり遊べます。場内には飲食コーナー、階上にはお絵かき
ルームや休憩所、などもあり、一日たっぷり過ごせます。
小学校高学年でも十分遊びごたえがありますよ。
[バンコク都、スクムヴィット通り26]
http://funarium.co.th/?lang=en



■学校のサマースクール■

楽しい遊びや行楽地が、他にもまだまだ沢山ある、
タイの子供たちの日常・・・の一部を紹介させて頂きました。

ところで、楽しいばかりのタイと思いきや、、、
意外と教育熱心な家庭も少なくないのをご存じでしたか?

例えば2カ月あまりにも及ぶ夏休みの間、私立などでは
サマースクールといって、通常とほぼ同じ時間枠で学校に
通う子供たちも少なくありません。

その背景には、タイ女性の社会進出が恐らく日本以上に
進んでおり、両親とも働きにでている家庭も多いということも
ある為のようです。

加えて、教育熱心な親御さんも多く、幼稚園の頃から
ピアノやバレー、英会話やその他様々な塾に通います。
大型のショッピングモールの多くは塾専門のフロアーもあり、
平日夕方や土日の終日、そこに通う子供たちと両親で
賑わいます。
日本からYAMAHA音楽教室やKUMONなども進出
してますが、通うのは皆タイの子供たちです。
(タイ人先生によるタイ語授業です)

塾のほか、学校ではボーイスカウトのカリキュラムも
小学校高学年からあります。
特に男子は、このボーイスカウト授業の消化実績が、
徴兵時の免除の考課対象となります。
(タイの男子は徴兵制度があります。)


サマースクールにもどりますと、、
この期間に勉強をどんどん進めて、飛び級してしまう
子供たちも少なからずいます。
タイでは上限2年まで飛び級できますから、
二十歳で大学を卒業することも可能ですね。

南国のおおらかなイメージのあるタイランドですが、
意外と、勉強してる子は無茶苦茶やってますよ(゚o゚)/

その他IB認定のインターナショナルスクールも数多くあり、
米国、英国、豪州、シンガポール系と様々。
タイの子供でもあえてインター校へ通わせる家庭もあります。

ちなみに、わが日本ですが、インター校ではないですが、
日本人学校がバンコク都とチョンブリ県シラチャ―郡にあります。
全校生徒数は3000人を超えてますよ。

一方、タイや、日本からの駐在家庭の子供たちのなかでも、
あえて、インター校へ入学する選択ケースも見受けられます。
ここでも、飛び級のシステムがしっかりあります。

筆者は、知人の子供の留学のために、いくつかのインター校を
見学調査した事がありますが、個人的には悪くない選択だと
思います! 
その辺りのお話については、また別のページであらためてご紹介
させて頂きたいと思います。


さてさて、
五月も半ばを過ぎると、雨季の足音が近づいてきます。
激しい雷雨の日もも多くなります。
街には南国ならではのさまざまな果物が溢れ出してきます。

雨季の時期はバンコクの都心でも水が膝下まで上がることも
あります。
深夜の激しい雷雨で目が覚める。眠れないこともあります。

11月頃から雨も降らなくなってきて、乾季に入ります。
タイのハイシーズンといわれ、年間を通して最も凌ぎやすい
季節です。

気温が20℃を下回ることもあり、暑さになれた在住者には
寒さが堪える日もありますね。
2月くらいまでは気温が差ほど上がららい毎日が続きます。

そうこうしているうちに、季節は、月日は巡ります。

これからも、家族で暮らすタイの日常生活、、
いろんな事をドシドシご紹介していきたいと思います。

今後ともどうぞよろしお願いします ~ (^_^)ノ♪♪

ではでは!

僭越ながらブログランキング参加中です。

クリックご支援くださると励みになります~! m(_ _)m      

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ FC2Blog Ranking タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ タイ・ブログランキング